有馬の名が付く植物

有馬には有馬の名前の付く植物がいくつかあります。

 

アリマウマノスズクサ

牧野富太郎博士が有馬温泉の近くで採集し命名した花です

アリマグミ

牧野富太郎博士が有馬の標本をもとに学名を発表した

他のグミと比べて柄が長いのが特徴

六甲山ゆかりの植物

有馬温泉癒しの森では貴重な植物がみられます

 

シチダンカ

シーボルトの著書で紹介された

その後見つかっておらず「幻のあじさい」と言われていたが昭和34年六甲山小学校の職員により発見された

癒しの森 炭屋道の入り口付近に植えられている